9月30日(木)

■自分でサイト作ればいいじゃん

アニオタがどーのーったって2ちゃんみてる時点でオタなわけで、オタがオタ叩くのも不毛だよなあとか思いつつも、アニメやらゲームやら競馬に関係あることないことひっくるめて血統の森が存在しているわけだから、嗜好に合わないものは適宜スルーすればよろしい。

それでも自分に合わないものが多すぎて耐えられないというならば、自分で競馬に特化したニュースサイトを作ってしまえばいいわけだ。何もサイトの形はブログだけじゃないわけで、無料Webスペースを借りて普通に更新すればよろしい(もちろんブログでもいい)。中央ならスポニチ、サンスポ、ニッカン、デイリーのスポーツ4紙、あとスポニチOSAKAとサラブnetとラジオたんぱとブックとJRAがあればとりあえず事足りるか。ついでに武公式なんかもチェックですかね。地方に手を出すならNARはもちろん、適宜各競馬場の公式サイトや地方紙なんかも手を出す必要があるかもしれませんねえ。地方・海外はnetkeibaという手もありますか。でまあ、足らない分は他サイト経由で入手、あと競馬に関する内容を書いてるブログと2ちゃん競馬板を適当につまみ食い。いずれにせよ中央だけなら最低でもマスコミ・公式サイト10個を回ればとりあえず出来上がるんでね?

ちょいとおしゃべりがすぎましたか。燃料投下はこの辺にして、ヲチスレで暴れまわるのはぶかりんに任せたw

■ぐつぐつにゃーにゃー

flash:猫鍋(ゆなぽのぽぽぽ)
猫鍋:歌詞

フラの見方はトップ絵下のflash→猫鍋へ。電波分を補給しませう・・・にゃーにゃーぐつぐつ。うへへ(酔っ払いながらの更新は危険だ)

9月29日(水)

■mikeneko.ne.jp ドメイン管理人の小塚 敦さんが死去されたため、2004年9月24日(金)をもって本ドメインは閉鎖いたしました。

mikeneko.ne.jp閉鎖のお知らせ

.htaccessについて調べものがあったのでミケネコ研究所立ち寄ったところ、なんと管理人さんが亡くなったためにサイトが閉鎖。有用なサイトでお世話になっていただけにちょっとショックですね・・・。ご冥福をお祈りします。

なお、コンテンツについてはWeb制作板の書き込みによると、「現在コンテンツ移転作業中、来月中にサイトで引越し先を告知出来そう」とのこと。

■自作404 Not Foundについて

無愛想な404エラーメッセージの改善駄文にゅうすより)

というわけで、ちょいとうちも変えてみたですよ。→404ページ。あと、うまミシュランのあったディレクトリに410 Goneのメッセージを出すのではなく、303 See Otherでログに直接飛ばすように変更してみたり。(それで上の話題が出てきたと)

■おたんこなすは吉原由来らしい

おたんこなすの語源Orbium -そらのたま-TricksteRより)

そうか、そうなのか・・・。この言葉を見て、ぷよぷよ通のおたんこナスを思い出したのは私だけですかそうですか。

■反応いろいろ~毒入り記事の感想とか(続)

適当に書いてる記事もありますよ。読む時間の無駄?時間の無駄遣いは最高の贅沢でっせ、ダンナ競馬blogなblog

昨日の「結論」、反応がほしくて書いたわけじゃないからなぁ…。

いやまあ、そんな事は承知でリンクしてみたわけだけど(別に反応なくてもいいやっていうのは、行間からなんとなく感じ取れた)勿体ねえなあ、とか思ってみたり。どうでも良いような事でも、あーでもない、こーでもないなんて他サイトと議論するのは楽しいわけで、そんなやり取りを通じて興味を持った人がサイトを巡回コースに入れてくれるかもしれない。まあ、各サイトの方針があるでしょうから、私がどうこういう言える問題でもないですけど。

うらがわに反応多数ぱさぱさ

トロ様を超えるには、エンスーな記事作りというのはベクトルが逆なんですね。

それをある意味地で行ってるのがぶログかと思われ。うらがわは・・・あくまで雑記なのでやりたい事やってるだけだったり。

トロネイも記事の網羅性についてはいいアンテナの張り方をしいるし、妙に人の気を惹く文章を身につけているわけで。最初からそうそうウケのいい記事書けたり面白いネタを拾えるもんじゃない。こればっかりは積んだ経験のなせる業。だから、まずは、悩んでないで手を動かせ。

パソコンを愛撫するぐらいの勢いで手を・・・(カエレ

量をこなさいないとどうにもならないっていう面はあるわけで、ねたに対する感度、一種の勘みたいなものも量をこなせば養われると。さんばっぱら各所で叩かれまくってるトロネイ氏も、ぶかりんも言ってるようにネタを嗅ぎつけるアンテナの感度は結構よろしい。その意味における各人なりの昨日の~越えは必要じゃないかと。

一日遅れで毒入りリンゴ食べてみるREVERY_L_ELEKTRA

デザイン系の話は、読めたらいいやんということで複雑なことはしません。

これがなかなか難しい。気にしだすと止まらないから。といっても画像を自炊できない以上デザインなんかテキストの配置とかに限られるから、もう自ずとHTMLのソースを綺麗にすることぐらいしかやることなくなるわけで、もうこれ以上どうしようもなくなったと思えるところまで来てしまいましたよorz

HTMLに触れたので一つ言っておくと、ブログのデフォルトのソースはそこそこ綺麗だから結構参考に出来た部分は多々あったと思う。ただ大半のブログ管理人はXHTMLの文法を知らないから、要素を大文字で書く、空要素のタグを閉じ忘れる、などなど自分の手で悲惨なソースにしてしまってるけどね、、。それでいてブラウズできるから性質が悪い。

9月28日(火)

■反応いろいろ~毒入り記事の感想とか

おもてがわ競馬blogなblog

結論。ここはmomdo氏の定義する「ダメダメなブログ」には当てはまらない。以上。

は、はぁ・・・。

あえてここで2ちゃんっぽい反応を返すなら、「ふーん、だから何なのさ?」って事になると思うんですが、どうでしょうか・・・。自分の書いた文章に反応している事に対する反応というのはなかなか難しいものがあるわけですが、それを差し置いても客観的な目・・・できるだけ純粋な閲覧者の視点からみてもやっぱり「だから何なのさ?」という反応になると思います。つまるところ、話が続かなくなってしまうと。

チラシの裏(l'eau rouge 9/28)

チラシの裏って最近本当にないですよね(挨拶)なんか両面印刷されてる広告ばっかり。さておき、とりあえず”続きを読む”機能を体感してください。でまあ、ものの見事にネタ転化して頂いたわけですが、こういう笑いの取れる記事って言うのもサイト運営上重要じゃないかと。あと、

テレビのキャプは法的に微妙?

ですが、そんな事言い出したらキャプ画像で食ってるサイト、例えば放蕩オペラハウスなんか生きていけないので、まあ大丈夫でしょう。ただ、転送量との戦いになってくるので、そこのところは絵師サイトばりの覚悟が必要かも。

[どうしてこうも競馬系ブログの大半は面白くないのか]GREEN FIELDから)

続きのエントリーの方が面白いかもしれないとか感じた私はだめですか、そうですか・・・(マテ

中央のレースの予想をしているブログは星の数ほどある。しかし、地方のレースを予想しているブログはほとんどない。
誰もやっていない事をやるのが、競馬系ブログを面白くさせる一つだと思います。

中央から地方へという一つの現実解。流行に乗っかるならダンツフレームを追いかけるのも面白いかもしれない。中央から地方に移籍した馬を追いかけるというのも、中央を主にみてる人間が地方へ真っ直ぐ目を向ける機会ではあると思います。それと、中央でも重賞だけでなくオープンや条件特別といったレースに目を向けるというのも現実解でしょう。手をつけているという人はあまりいないでしょうし、結構需要あると思いますがどうでしょうか。

ただし、地方の予想が中央のそれとは違って、条件によっては馬券が買えない、レース映像が見れない、といったことが起こりうるわけでそこのところは課題というか問題点ではないかと思います。

お粗末は酷いSakura Archives

むしゃくしゃしてやった。反省は・・・ちょっとしてる(ぉ もっともつっこまれどころ満載ですが(^^;

正直、たった一行の文章でもPURE GOLDはちゃんとレース観てるのを感じるのだが、血統の森は観てないなと思う事もしばしばなので、まずはそこからだ。

レースを観るというよりかはむしろ見ているだけなのでもうこれは致し方ないというか、弁明の余地はない。血統の森におけるレース感想はオマケになってしまっているわけで、、。(言い訳してるじゃん

むしろ、しばしばどころか毎週のような気もするので、もうやばいっていうか、ついに本腰入れなきゃいけないときがきたのか、はたまた回顧・感想の類をノータッチにしたほうがいいのかは一瞬悩むところだけれども、真面目に競馬見るなら逃げるわけにも行かないよな・・・。

逆に言えば、しっかりと自分の目でレースを見ればそれなりに読めるレース感想が血統の森も書けるはずだから、せっかくならきちんと書こうよという叱咤の言葉という事にしておきます・・・。

いずれにせよ、このサイトの管理人は予想は絶対しない方がいいと思った。あと、馬券としての競馬をこのサイトに求めない方がいいと思う今日この頃。

■ダメダメな傾向~予想に関してを書き換えてみるならば

むしゃくしゃしてやってしまった背景としては、みんな「神戸新聞杯&オールカマー予想」という記事見出しがつけられていたという事実。これと似たような見出しが5個10個トラックバック欄に並ぶ光景を思い浮かべてください・・・気が狂いますよ、ええ。「キングカメハメハが来ない可能性を敢えて考えてみる~神戸新聞杯予想」といった感じで、もうちょっと気の利いた見出しはつけられないものかと。

あと、予想は当てるばかりが能じゃない。というのもあるかと。杉本清とか吉岡美穂とか・・・被りたくない予想、いわゆる逆神というのもサイト方法論としてありえる。あるいは、2ちゃんモナ観のような来ない馬を予想する方法、何気にレベルの高かったアニメ、ゲームキャラで語る競馬予想、もしくは定期的に立っては落ちるガンダムスレのようになりきりキャラになってしまう方法、あるいは流石兄弟のようなAAを使うだとか、オーソドックスな方法以外にもいろいろな見せ方があるわけで、方法次第では予想ブログというのも十分ありえるかもしれない。もっともブログである必要があるのかという別次元の問題もある気もしますが。

9月27日(月)

■どうしてこうも競馬系ブログの大半は面白くないのか(毒入り)

もどきのリンク先を全部見てからまともなブログ考察でも書こうと思ったけど、4,50ほどサイトを巡ったところで諦めた。はっきり言って時間の無駄か。トラックバック辿っていった方がいいかも。とりあえずダメダメなブログの傾向を書き連ねてみる。

・余りにもお粗末な予想印
◎キングカメハメハ-○ハーツクライは仕方ないとして、◎ダイワメジャー、理由は中山と相性のいいヨシトミだから・・・ってセンス無さすぎ(信じられないけど本当にそう書いてるサイトがあった)、あと勝ったトーセンダンディを文末にこっそりあげてるサイトは予想の後だしもしくは改竄をしてるに違いない。

・赤字の収支報告
ネタ転化するならまだしも、まともに収支報告とかされても困る。あ、JRAに貢献している事へのアピールか(苦笑)

・だらだら続く回顧文
書くのは結構なのだけれども、余りにも長すぎて読む気がしない。競馬中継の画像キャプでも使いつつ回顧でもしてみてはどうだろうか。今のところそういうサイトを知らないし。だだし、早い者勝ち。

・POGはいいけど
何を指名しようとこちらの知ったことではない。有力2歳馬の将来性占いでもしてくれた方がよっぽどありがたい。

・続きを読む機能
最初の1行だけ書いて、続きを読むを踏ませようとする。はっきり言ってクリックするのが面倒。で、労力を使ってブラウザの読み込み時間を待つと・・・何の変哲も無い文章。がっかりさせないでください。というか、全部書こうよ。

・妙に凝ってるデザイン
見た目はは確かに大事だけれでも、そうでなくとても無料ブログは重いわけで、写真の使いすぎで必要以上に重くしてどうするのかと。あと、ウィンドウを最大化しないとまともに読めないというのはいただけない。画面3分割するのは良いけど、肝心の本文が横幅取れずに読みにくさこの上なし。ブログデフォルトのデザインの方がマシとかぶっちゃけありえない。

・デザインが崩壊して文章が読めない
百歩譲ってOperaで読めないのは仕方ないにせよ、IEをもってしても読めないというのは本末転倒。

思えば今年の春にブログ旋風なるものが吹き荒れ、うらがわでも当時のもどき全サイトめぐりとかやったっけ。あれから季節は移り変わって季節は秋に。半年たってもWebなんかにアップせずに、ローカルファイルでこっそり誰にも見られることなく日記でもつければ済む話なのではというサイトが多すぎる。そういう意味では、昨日の風はどんなのだっけ?の方がまだマシなわけで、目下のところトロ様越えというのが競馬系ブロガの使命なんじゃないですかねえ、、。

9月25日(土)

■DOConline スレッドレポート

DOCO:ダービーオーナーズクラブオンライン:Part2

結構盛り上がってる模様。とはいっても、それがゲームショウで当たり前のことなのか、DOCが他のコンテンツに比べ盛り上がってるのかまでは分からないけれども、盛り上がってるんだからそれはそれでいいか(ぉ

上記スレッドに出ている新たな情報をまとめると、
・ROMが入手できなくても、Cβ参加方法は用意されている。詳細は後日公式で告知される予定。
・12月頭頃には形にしたいとの事。ということは、正式オープンは年末か?もしくはOβあり?
という事になるか・・・

しかし、早くもヤフオク流出ですかw

705 :名も無き冒険者:04/09/25 19:54:53 ID:ZAyVtONp
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g26642406
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k8459849
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g26629810
オークションでベータ買おうと思ったがやめた。高すぎ。

ま、まったりと待つしかないようですな。

9月24日(金)

■このネーミングセンスは・・・(涙

奈良交通のICカード愛称決定!ポケットニュース駿河電力/スク水.jpより)

あかん、涙で前が見えんくなってきた・・・。

9月23日(木)

■管理人近況?

風邪引いたよorz ちょっと気温が下がったくらいでこれだ・・・体がなまってる。それはさておき明日からゲームショウですねえ。だれかブースレポートよろ(ぉ

でもって、今週末は神戸新聞杯、来週末はいよいよスプリンターズSと凱旋門賞ですか。そろそろチャットのネタでも溜まってくるころあい・・・次週末にでも開きますか血統の森チャット。開始時間は夜10時くらいにしましょうか。ほかにも書きたいこともあるけどさっさと寝て体力戻します・・・。

9月22日(水)

■馬券考

マイヨ・ヴェールとPMU殿下執務室
深い疑問ばくちばかの日々

頭がくらくらする・・・(えー)。そんな管理人の事情は置いといて、まったく違った切り口から馬券の売り方・あり方について書かれたエントリが出てきたので並べてみた次第。この手の話題はとかく大げさな話になりがちになるけれども、馬券を商品としてみた場合、どうすれば客に買ってもらうようにするか、購買意欲を高めることが出来るのかというのは、売り手の意識を高めれば自ずと道は開けるはず。金や労力をつぎ込むだけが能じゃないということだと思うんですが、どうでしょうか。

9月21日(火)

■マリみてがもどきをジャックしましたわ、お姉さま。

「もどき」のリニューアル殿下執務室

モニタの前で腹抱えて爆笑(笑)。競馬とはまったく関係ないエントリが一番上に来ている瞬間がキャプされています。Milkyの中の人もげんなりだろうな・・・全自動化の限界ってやつですかね。

それはさておき、競馬サイト界隈に関することが書かれているのでちょいとばかり引用すると、

あと、競馬サイト周りで感じることとしては、「カリスマなサイトが少ない」ってとこかなと。昔話臭くて恐縮ですが、往年の日没予想とか偏屈爺師とかFHCULの海外競馬情報とか障害競走本舗とか、何か管理人の凄みが伝わるようなこだわり系の情報提供とか大上段な理屈をこねるような存在ってのが今はあんまりないように見えるのは、それこそ自分が年取ってる証拠なのか、それとも自分辺りの世代が本来そういうサイトを作るべきところを、ちゃんと作れてないということの証左なのか、ということはふと考えてしまったりもする。

真っ当な反応はぱさぱさのエントリに任せて、それとは違った見方を無理やりここでするならば、血統の森は俺ニュスタイルを取り入れようとしたものの、諸般の事情で失敗してしまった、なんてこともあったねえ、と。参考:うまミシュラン(血統の森隠れ過去ログ)

俺ニュスタイル、もといミシュラン形式は大量に情報をさばけるから、まああれはあれでやるほうは楽しい。挫折したというより、評判悪かったからやめちゃったんだけどね・・・今のスタイルの方がいいと(苦笑) いずれにせよ、カリスマ性を備えうるスタイルではあると勝手に思ってたり。

あとはあれですよ、カリスマなサイトが少ないのは、プロライターだってカリスマ持った人指折るほどもいないでしょってところですか。アル中で手が震えてとかいう人もいますが(違う意味でカリスマw)。ただ、競馬関連雑誌をほとんど読まないので私がライターを知らないという可能性もありますがね。

■walkingtour フラッシュ考

workingtour

ぱさぱさの中の人とのチャットで教えてもらったフラ。日頃ネタ系しか見てない人間なので、しんみりと来る作品は結構新鮮だった。

時たま話題にあがる競馬フラッシュに関するお話だけど、「オケラになったときになごむフラ」とか、そういう感じの作品なんかあってもいいんじゃないのかねえ、なんて話をしてたり。見る側の勝手な期待だけど。むしろこの記事、半分くらいD-stractionに向かって叫んでたりする(ぇ

9月20日(月)

■ぶっちゃけありえない!

ジャンクSPORTSのとあるコーナーでBGMにプリキュアが流れたらしい。詳しくはPURE GOLD-競馬ニュース-(9/19)参照。見とけばよかったな(違

■はてなダイアリー キーワード

何かと便利な気もするキーワードですが、こんなものもあるのね
はてなダイアリー - エモシオン

現役当時、『ぼくエモシオン』というダジャレネタは流行語となった。

さて、初耳なわけですが・・・ここはぐぐるさんに聞いてみましょうか。
Google 検索: ぼくエモシオン

検索結果最後のページがミソ。そこに何があって、何を私が言いたいのかは・・・お察しください(苦笑)

9月19日(日)

■近代競馬の歩み(2)~日本人による初の競馬

明治維新後、西洋より畜産学が導入され、馬の資質改良を目的に欧州諸国から各品種の馬が輸入された。

明治初期における戸山学校などでの競馬施行は、日本馬の改良と無関係ではなかったが、1894(明治27)年の日清戦争及び義和団事件では、日本馬は欧米馬に比べ、馬格や能力において著しく劣っていることが示され、1904(明治37)年の日露戦争においても、改良の実はあったものの依然劣っており、欧米馬にレベルを近づけるための施策が検討されるようになった。

そこで、その方策として競馬の施行が効果があると主張したのが加納久宜子爵と安田伊左衛門であった。両氏は東京競馬会の発起人となりこれを設立し、政府に対して競馬施行許可の請願運動を行った。これに対し政府では、競馬に賭事を伴うことに関し一部の激しい反対論があったものの、結局1905(明治38)年12月、競馬賭事取締に関する農商務、陸軍、内務、司法四大臣合議書を農務局長の名で発し、事実上の馬券発売黙認の措置を講じた。これによって法律の根拠の定かでない※1馬券黙認時代の幕が切って落とされることになった。

この措置の意図するものは、競馬施行によって国民の馬事思想の普及をはかり、相当額の賞金を優勝場に授与することで生産者の良馬生産と資質改良を促進させることであった。この目的のために、利潤追求を目的とすることを禁じ、あらかじめ定めた条件に合致する施設を持つ団体にだけ馬券発売を伴う競馬施行の権利を与えることとし、翌1906(明治39)年12月に閣令競馬開催を目的とする法人設立及び監督に関する件を公布した。

1906(明治39)年4月に設立、許可された社団法人東京競馬会は同年10月、東京府下荏原郡池上村(現東京都大田区池上)の池上本願寺近くに13万円余りをかけて競馬場を建設、同じく11月24日から12月2日までの合計4日間に競馬を開催した。これが日本人による最初の近代競馬であった。

また日英通商航海条約の調印によってすでに治外法権の特権を失っていながら、既得権によって競馬を実施していた日本レース・クラブも1905(明治38)年1月、わが国の民法に基づく社団法人として日本レース倶楽部に改組され、居留民による植民地的色彩を払拭、日本の法律の規制下に入った。

※1 法律の根拠の定かでない
1872(明治5)年の太政官公布によるいわゆる旧刑法では、賭博の禁止がうたわれていたのだが、四大臣合議書の附筆に「馬匹の速度技量その他に関する知識の優劣を争うための確保手段として多少の金銭等を賭ける如きは刑法にいわゆる賭銭行為にあらざるものと信ぜざる云々」とあり、当時の刑法に抵触している恐れがあることを政府は認識していたようだ。

■ホリエモン

まあハデにやってるわけだけれども、とかく野球の件で堀江に心から期待している人間はマヌケというものである。もっとも、馬のホリエモンのほうはネタ以外の何物でもないわけだから、競馬ファンならうすうす感付いてるか。二階堂ドットコムの記事やら論壇この辺の記事やらを漁ってもらえば分かるとおり。そろそろ化けの皮が剥がれる頃か。日刊ゲンダイまだぁ、とか思ってたらもう関連記事出してたのね。

あと、適当に周辺記事を載せとくか。ライブドア・堀江社長「女は金についてくる」ライブドア社長、アマ選手からオファー

9月18日(土)

■トロネイ様がブログに興味を示されたようです

Blogのほう試してみます。昨日の風はどんなのだっけ?
日本のへそ特別(※競馬移転先?)
「昨日の風はどんなのだっけ?」考察ネトゲにまつわるエトセトラ

トロネイ様がBlogに手を出された模様。はてなもBlogツールみたいなもんなので、何をいまさらって感じもするのですが3つにわけるあたり何か思うところがあるのでしょう。むしろ3つもサイト運営できることが凄い。

競馬の話題を1つのサイトに集めるということは、サッカー・芸能・自転車なんかさっぱりの管理人にとっていろんな意味でありがたいわけでよりヲチしやすくなるってもんです、いや本当に(笑)

■古田の涙

プロ野球のほうはスト決行。ニュース23なんか柄にも無く見ちゃって、そういえばすぽるとなんて番組あったなとか思いつつ見てたわけですよ。んで、番組中にFAXの応援メッセージをアナウンサーが読み上げて、それを聞いてた感極まって古田が泣いちゃったと。

一連の騒動では様々な意見が飛び交っているわけだけれども、それはおいといて、問題は競馬ですよ。競馬の市場は確実に縮小しているわけで、このままでは地方総崩れがあっても不思議じゃない。地方という土台の上に中央があるとするならば(こういう言い方をすると批判されるかもしれない)、確実に土台が削り取られているわけで、いずれ中央も危うくなってくる。長いスパンでみて将来の競馬が今の競馬に比べて発展しうるのか?答えはノーじゃないかと。

儲かるとか、儲からないとかの採算に目をつぶって考えると、競馬場がなくなるってことはファン獲得の機会を失う、サラブレッドの生産頭数が確実に減る、競馬で飯食ってる連中の職場が無くなる・・・とまあ、さまざまな影響を及ぼすわけで。

このうち私がもっとも恐れているのが、「生産頭数が減る」ってこと。馬作って売れなければ馬産地が崩壊するわけだし(すでにしかかっている、という話もあるが)、血統論をいくら並べたって、鉄砲数打ちゃ当たるの世界。なにより強い馬が出る可能性が減少するんじゃないかと。

血のドラマでもあるわけですよ。サムライハートになんでそんなに注目するかっていうと、エアグルーヴの仔だからなわけで。とまあ、取り留めのない方向に進みそうだから話を戻すと、地方がなくなるっていうのは中央にも響いてくるし、競馬そのものにもよろしくない。だから岩手なりJRAなりにメール送ろうかなんて突発的な行動を取ろうとしたわけだけども、どうだろうか。ぶっちゃけ焦ってるのかもしれない。

ファンが支持してるからこそ、野球もスト決行できたんじゃないかな。だからさ、競馬もファンが声を上げるときが来ているんじゃないかなあ。もっとも、この文章からしてメチャクチャになっているあたり、あたしの頭の中の整理からはじめる必要があるね(苦笑)。

ふと思うに、競馬のほうはみんなJRAにおんぶにだっこ状態なのかもしれない。ファンでさえも。

9月17日(金)

■きみのためなら死ねる

きみのためなら死ねる(公式)
(゚∀゚)ラヴィ!!まとめ
(゚∀゚)ラヴィ!!時計(・∀・)イイ・アクセスより)

昨日友人と話をしているときになぜかきみのためなら死ねる略してきみしねの話に。いや、存在は前々から知ってたけど一度も見たことなかったんだな・・・この曲ループさせると中毒になるな・・・まとめにmp3があるので無限ループさせてみよう(゚∀゚)ラヴィ!!

■いろいろ

カードキャプターさくらをネタに母親から説教食らった人(9月9日)自動ニュース作成より)

赤の7号さん、本日より妹さんが更新駿河電力/スク水.jpより)

CCさくらをネタに説教って・・・すげえシチュエーションだw

■いいわけ

おとついの血統の森からのお知らせだけれども、自分で振っておいてメールを書くネタをWebに上げてないというとんでもない事態になってるわけですが、なんか知らないけど忙しい(逃げ)。いや、やる気はあるんですけどね・・・。

9月14日(火)

■DOC online、クローズドβのROMをゲームショウで配布

DOC online公式より。「東京ゲームショウ2004」、セガブースにて『DOCオンライン』のクローズド ベータ トライアル ROMを配布いたします。ってことだけど、当然行けるわけも無く。DOC関連の話題は表ではなく当面はうらがわで扱うことにしますか。あと、掲示板のスレの方にメモなんか書いちゃったりして。

■競走馬Aの正体

謎のGI一番人気馬、というかどっか書き間違ってるんじゃないかと勝手に言ってみる。負け馬@馬耳東風)

競馬ブックコーナーのある競走馬Aってなんなのよ?っていうお話。全部正しいとするとやっぱり該当馬はいない、となるとと一体Aの正体はなんなんだろ、やっぱり記事が思い違いしてるんじゃ?という展開も、リンク先にて殿下のコメントが炸裂、一気にカタをつけることに。その馬の正体はは・・・リンク先をどうぞ(ぉ

9月13日(月)

■チゴイネルワイゼン二周忌

チゴイネルワイゼンを後世に語り継ぐスレ・8代目
チゴイネルワイゼンにっき

2年前の明日14日が命日。顔文字(・∀・)チゴイネ!!を生み出した張本人であり、ゆっこたんこと牧原騎手の代表活躍馬(たぶん)。にっき未見の方は是非どうぞ(flash)。二周忌っていう言い方も変だろうけど(仏教では三回忌だっけ)この際気にしないことにしよう。

■あと、ついでだが、ニュースは血統の森なりPURE GOLDにやらせておけば良い。・・・(汗

全馬回顧Sakura Archives

褒められてる(ということにしておく)わけだから喜んでもいいのだけど、そうも言ってられないんじゃないかという漠然とした焦燥感は何なのだろうねえ・・・とぼやいてみる。思うに、「どこに進んで良いのかわからなくなってきた」感がある。しかし、いい加減DOC onlineが年内正式発売決定、もしくは無いような気もするけど翌年に発売持ち越しといった感じでけじめが付くだろうから、それによって血統の森のサイトコンテンツが変化する可能性も無きにしも非ず、という心持ちだったりする。

さておき、DOC onlineが実際に運用が始まった暁にはDOC関連サイトがそれなりの規模で盛り上がると踏んでいたり。掲示板のほうも、スレッドを立てておきますか・・・というわけでちょっと早いですがダービーオーナーズクラブオンラインスレ立てました(珍しく強調)。煮るなり焼くなり適当にどうぞ(えー)。

9月12日(日)

■やる気のない更新

ブログにおけるトラックバックとコメントの回数駄文にゅうすより)

種牡馬の種付け官能小説青い空は大嫌いだ水色の空は大好きだ

PINK2ちゃんねるのスレ紹介。

■若葉タンっていうかおじいちゃんが・・・

おじいちゃんのプロフィール荒尾競馬公式

プロフィールできたよプロフィール・・・しかしリンク先の若葉タンは年のわりに大きいような。

管理人が若葉絵を頑張って描こうとするも、人の形になってn(ry

ここは一つ、神降臨を待つしかないのか。といっても告知したところで果たして絵が送られてくるのかは激しく疑問。クレクレだもんな・・・。とか何とか言いつつこっそり若葉絵募集(えー)

9月10日(金)

■理想のアクセス数は1日何ヒットなんだろう?

理想のアクセス数は1日何ヒットなんだろう?駄文にゅうすより)

数字の問題だけれども一概には答えが出ないアクセス数という鬼門。なんにせよ上手に付き合うのが吉か。

■障らぬ神に祟りなし

NAVER ブログ まとめTricksteR

知ってる人は知ってるだろう連邦あたりでドンパチやってる一連のまとめ。ぶっちゃけヤバイのでノーコメントということにしておこう。なら取り上げるなという声も聞こえてきそうだが。

■近代競馬の歩みに関して

一部の西暦が1900年になっているという大ポカをしてしまった・・・(きっと訂正済み)。それにしても某サイト管理人には「おバカあってこそのうらがわでしょ?根岸がどーのなんて書かれても」みたいな事を言われる始末。ノリの変化についていけないあたり、まだまだだなと啖呵を切ってみる。

あと、別ページにした方がいいのでは?なんてことも言われたけれども、とにかく書ききれるかどうかすら実は怪しいわけで、一応の決着を見てからそういうことを考えてもいいかもしれないと思う次第。まあ気楽にやっていければそれに越したことはないか。

9月9日(木)

■近代競馬の歩み(1)~全ては根岸から始まった

大それた題名とともに無謀とも思える連載企画が始まるわけですが、早くも手元にある資料と他Webサイトの記述に不整合が生じて一体どっちを信用すればいいのやら・・・とにかく不完全、不正確であってもとりあえずメモとして記載して、読者の批評・指摘を仰ぎつつ話を進めていこうかなあ、と。前置きが長くなりましたがお手柔らかによろしく。

1858(安政5)年、米英をはじめ諸外国と修好通商条約が締結。これにより鎖国時代は終わりを告げ、我が国のものとはまったく異質な欧米文化を導入しあらゆる方面に影響を与えることとなった。

そして近代競馬―在来の祭典競馬とは異なる、現在の競馬の原型―もそのご多分に漏れることなく、条約により横浜に居留した英米の商人たちによってもたらされたのである。

1861(文久元)年春、横浜洲干辨天社裏の馬場と横浜新田堤裏塘沿いの道路(現在の山下町)で居留民の手によって競馬が行われた。これが我が国で行われた初の競馬であった。

1862(文久2)年、居留民の競馬施行団体として、横浜レース・クラブが設立。1864年(元治元)年幕府が各国公使と交わした横浜居留民覚書と、これを廃棄して両者間で新しく調印された横浜居留地設置及競馬場墓地等約書に基づき、居留民が横浜・根岸を幕府から借地。幕府の負担によって競馬場が建設される運びとなった。1867(慶応3)年春、この新しく建設された競馬場にて競馬が行われた。これが根岸競馬の始まりである。

これ以降根岸では毎年春と秋の2期に各3日間に1日平均7~9レース、政府のこれといった干渉を受けることなく実施されるようになった。

横浜レース・クラブは内紛等があり組織が分裂したこともあったが、1875(明治8)年には一部の日本人にクラブへの加入が認められ、1880(明治13)年に日本レース・クラブと改称した。

さて、明治に入ってから、各所で根岸競馬を模倣したものが行われるようになった。その第一号が1870(明治3)年、東京九段の招魂社(後の靖国神社)にて行われたものであった。これは兵部省によって主催され、楕円形の馬場を用いた、表向きは同神社例大祭の”奉納”という形でものであった。以降1898(明治31)年まで、毎年例大祭当日に有志による奉納行事として続けられた。

また1877(明治10)年には三田種育場で、1879(明治12)年には新宿・戸山学校に当時の前大統領クラント将軍を迎えて、さらには1884(明治17)年には上野・不忍池池畔でいずれも円形馬場をしつらえ競馬が行われた。第1回の不忍池で行われた競馬には、明治天皇が行幸されている。

根岸競馬場にも明治天皇はたびたび行幸されている。また政府高官も根岸競馬開催日には出席していた。これは競馬場に各国政府の関係者が頻繁に出入りしており、明治政府が当時外交において力を注いでいた不平等条約の撤廃のために関係者と接触するのに好都合な場所であったためである。根岸競馬は社交の場でもあったのだ。

とまあ、こんな感じで書き進んで行きます。気が向いたら続きを書く方針なので、いつ終わるのか私にも分かりませんがね(涙

9月6日(月)

■死者へ贈る言葉

闇の中にこそ花を見よ 其は生きる喜び
花こそは生きる力なり
また 闇を恐れよ 目を閉じて 闇を思え

光の中にも闇を忘れず
闇の中にも花を忘れず
その無慈悲な無感覚を忘れず

汝の心に闇を見よ 闇を畏れよ
目を閉じて闇を思え
其は 永遠の破られることなき安らぎなり
宇宙(そら)の大地に帰るその日まで

今日この時より汝は闇の住人
すなわち汝は
一人一人の中にこそ花を捧げる
安らぎを求めて

参照URL:死者へ贈る言葉 - 闇の中にこそ花を見よ 其は生きる喜び

不思議の海のナディア 第16話「消えた大陸の秘密」の劇中詩より。当時断片的にしか見ていなかったので改めて通しで見ることに。感想としては人が死ぬアニメなんだなあ、と。そんなこんなで鎮魂歌を載せてみた。(歌と言っても、調が付いてないから詩か)

■軍事板にマリみてスレってあるんだねえ

軍板的マリみて分析電脳魔法陣日報うぱーのお茶会

リンク先は思わず笑ってしまう箇所もあって結構面白い。なかなか鋭い分類じゃないかなあ。

■ブレイドの新OP

オンドゥル新OP。「ELEMENTS」ふらミシュランより)

なるほど、そういうことだったのか(ぇ

■競馬系サイトについて何か書こうとするも

臨界点突破ならず。喉元まで出掛かっているけれどもどうにもうまいこと引き出せない。書く対象が多すぎるというのもあるけれども、何から書いていいのかわからないという困った状態に。やはり紙に書いてからじゃないと難しいか。

もっぱらWebサイト論のようなものになるだろうけれども、前述のような状態な上、別に誰に書けと脅されてるわけでもないし・・・ということで下の投稿フォームから何か放り投げてもらえば、書く気が起きるかもしれないと言ってみる。

9月5日(日)

■やっちまった・・・

朝起きれなかったよ・・・マリみてもブレイドもプリキュアも見てないorz そのぶん競馬中継は真面目に見ましたが。

■TV版AIRは期待しちゃっていいらしい

TV版AIR 第1話先行上映~TBSアニメフェスタ2004~うぱーのお茶会

各所で絶賛。鳥の詩が流れますか・・・。

■その他あれこれ

ドップラー効果で集中豪雨を予想
ドライアイに目薬の差し過ぎや洗眼は逆効果

目の前を救急車が通り過ぎて行くのを耳で聞いて、ああドップラー効果だななんて言う人もいますが、意外な応用方法ってあるもんだなと思った次第。

目薬はよくさす方ですが、何事もやりすぎはよくないと言うのは世の常。差すときと差さないときの落差が激しいのはやっぱり考え物かと内省。

9月3日(金)

■アニメ・声優あれこれ

Key「Kanon」DVD版発売告知
“みやむー”に第1子誕生(以上2つカトゆー家断絶より)
もっちー、久々に仕事久代の月 ~望月久代ファンサイト~かーずSPより)

kanonに関してはもはや何も言うまい。宮村は女児を出産したんだと。望月は・・・未だに花穂の印象が抜けないと言うか、それしか聞いたことないんだな、、。

■SHODO FARMは本当に閉鎖したのか

POG Blogにこんな一文が。

おいらの記憶では、中の人(SHO管理人)はサーバを増設、PHP3からPHP4へのソース書き換えと言ってましたが、実際はどうなんでしょう。。。

実際のところは誰も分からない。寄付のお願いだったかそんなページがあった記憶があるけれども、あまり好印象を抱けない文章だったと言うのがSHODO FARMの印象だったりする。

■ネット考察リンク集

情報との付き合い方 ~ネット上の情報から悪徳商法勧誘まで~駄文にゅうす

片っ端から読むのも吉、興味の引かれるものだけあさるもよし。

9月2日(木)

■北海優駿ネット中継に思う

スカパーをとってない私としてはネットが頼みの綱だったわけですが、蓋を開けてみればホッカイドウ競馬のライブ中継は予想通りコマ切れの動画しか送られてこず、発走時刻が近づくにつれ使い物にならなくなってしまったわけで。仕方なく南関4場のライブ中継で録画と言う形で観戦したわけだけれども、NARオンデマンドはストリーミング公開しないのね・・・。高知の某馬のときは条件戦にも関わらず行ったのに。

ストリーミングによるライブ中継を各競馬場が行ってくれるのはいいけれども、全国的に注目されるレースとなるとサーバが結局負荷に耐え切れず使い物にならなくなってしまうわけで、意味がない、と言うことになってしまう。これはどうにかならないものでしょうか。正攻法としてはサーバ増設だけれども、掛かる費用が大きいというなら各地方競馬場が協力して一元的に管理するとか。素人考えでモノを言ってるけど、無理なんだろうなあ現状を見る限り。

なんにせよ今回はNARオンデマンドは役立たずだったわけで、やっぱりNARっていうのは無力と言うか無策と言うか。もうちょっとしっかりしてもらいたいものですなあ。

9月1日(水)

■そんなこんなで、表裏同時リニューアル。

とりあえず、タグの閉じ忘れがかなりあるという問題を解決すべく微妙に構成を変更。あとは、どちらも見やすくなるようにしてみたといったところ。いまのところ、Opera7.54、firefox0.9.3、IE6SP1、で一応確認済み。ただし、firefoxで表をみると微妙に表示が崩れる(リンク記事とコメントの行間が詰まってしまう)のは既知の問題。あとリンクがぐちゃぐちゃだったり、と結構見切り発車の部分があると言う・・・。それはさておき、このうらがわにもなんとなく投稿フォームをつけてみました。効果のほどは未知数ですが。

9ヶ国語の文章を無料で相互翻訳するTranslation EngineN.a.Eより)

とりあえずメモ。

赤の7号さん8/31にて、アクセス数を増やす方法について変人窟より)

アクセス数を稼ぎたい人のみならず、そうではなく良質なサイトを構築したい人も一読してみてはいかがでしょうか。私もアクセス数は気にならないといえば嘘になるわけで、アクセス数について振り返ってみるいい機会かも。参考になると思います。