当サイトのW3C翻訳物について

当サイトのW3C翻訳物(http://momdo.s35.xrea.com/またはhttp://momdo.github.io/で始まるURLにあるリソースを対象とする)のライセンスは、W3C Document License(http://www.w3.org/Consortium/Legal/2015/doc-license.html)および著作権FAQに従い、W3C Document Licenseで配布されます。文書の末尾に2015年発行のライセンスの参考訳2002年発行のライセンスの参考訳を掲載しています。ライセンスの参考訳はCC0で配布します。

当サイトの日本語訳を読むにあたって

当サイトの管理人は、英語に堪能でも、HTMLやCSSといったウェブ技術を生業にしているわけでもない、一介のウェブ民に過ぎません。W3Cの仕様書については、仕様そのものを理解したいというのもありますし、他に見当たらないから訳してみた、というのも動機としてあります。

当サイトに限らず、W3C仕様書の日本語訳の冒頭によくある「W3Cの勧告は英語版のみが正規の仕様です。このサイトの日本語訳は参考に過ぎません。」や「翻訳について、翻訳上の誤りがありえます。」は著作権FAQの要請に基づく記述でもあります。

当サイトで公開している翻訳物について、誤字・脱字などのケアレスミス、誤訳、訳文が日本語になっていない、訳者の知識不足から来る誤りなど、ご指摘・ご意見などは歓迎します。http://momdo.s35.xrea.com/で始まる文書に関しては、電子メールアドレス<xmomdo@gmail.com>またはTwitterアカウント@momdo_までお願いいたします。http://momdo.github.io/で始まる文書に関しては、W3C仕様日本語訳置き場Wikiを参照ください。


W3C Document License

状態: この文書は、2015年2月1日に効力を生じる。

W3Cのサイトにある公開文書は、以下のライセンスの下で、著作権保持者によって提供される。

ライセンス

この文書、すなわち、この文にリンクするW3C文書の使用および/または複写によって、読者(ライセンシ)は、以下に示す条項及び条件を読み、理解し、それに従うことに合意する。

この文書、すなわち、この文にリンクするW3C文書の内容を、任意の目的のために任意の媒体で報酬または使用料なしに、使用、複写および配布するための許可は、使用するこの文書またはその一部のすべての複写物において、以下を含む場合に与えられる。

記述が可能な場合、この通知の全文を含めて提供されるべきである。この文書またはその一部の内容の実装に従って作成される任意のソフトウェア、文書、または他の項目もしくは製品においても、著作者属性を提供することが要求される。

W3C文書の改変または派生物を作成する権利は、次の場合を除いてこのライセンスに基づきを付与されない:この文書で説明される技術仕様の実装を容易にするために、すべての作品が以下の通知を含むという条件で、何人も派生作品および、ソフトウェア、ソフトウェアに付随するサポート資料、およびソフトウェアの付属文書におけるこの文書の一部を作成して配布してもよい。ただし、技術仕様としての利用に対するこの文書の派生作品の公表は、明示的に禁止される。

さらに、「コード構成物」―Web IDLとして明確にマークアップされたセクションにおけるWeb IDL、W3C定義のマークアップ(HTML、CSSなど)およびコード例として明確にマークアップされるコンピュータプログラミング言語―は、W3C Software Licenseの下でライセンスされる。

通知:

"Copyright © 2015 W3C® (MIT, ERCIM, Keio, Beihang). このソフトウェアまたは文書は[W3C文書のtitleおよびURI]から複製または派生するマテリアルを含む。"

免責条項

この文書(原規定)は,"そのまま"の状態で提供され、著作権保持者は、商業化、特定目的へ適合、権利の非侵害性又は所有権への保証を含む(しかしこれだけに限定しない)どのような表明も保証も、明示的・暗黙的を問わず行わない。 すなわち、この文書の内容が任意の目的に適していること、それらの内容の実装が任意の第三者の特許、著作権、商標またはその他の権利をも侵害しないことの、いかなる表明も保証も、明示的・暗黙的を問わず行わない。

著作権保持者は、文書の利用、またはその内容の実行もしくは実装から生じる、直接的、間接的、特定の、または結果としての、いかなる損害にも、責任を負わない。

著作権保持者の名前及び商標は、特定の書面化された事前の認可なしに、この文書もしくはその内容を宣伝すること、または宣伝に関連付けることに使用してはならない。この文書における著作権は、常に著作権保持者にある。

ノート

以前のDocument Licenseからの変更点


W3C Document License

ステータス: このDocument Licenseは、2015年1月31日より前にW3Cによって発行された文書に適用された。2015年2月1日にW3Cは、より寛容な文書ライセンスを採用し、以前にこのライセンスの下で利用可能とされていたすべてのW3C文書に新しいライセンスを適用した。

W3Cのサイトにある公開文書は、以下のライセンスの下で、著作権保持者によって提供される。

ライセンス

この文書、すなわち、この文にリンクするW3C文書の使用および/または複写によって、読者(ライセンシ)は、以下に示す条項及び条件を読み、理解し、それに従うことに合意する。

この文書、すなわち、この文にリンクするW3C文書の内容を、任意の目的のために任意の媒体で報酬または使用料なしに、使用、複写および配布するための許可は、使用するこの文書またはその一部のすべての複写物において、以下を含む場合に与えられる。

記述が可能な場合、この通知の全文を含めて提供されるべきである。この文書またはその一部の内容の実装に従って作成される任意のソフトウェア、文書、または他の項目もしくは製品においても、著作者属性を提供することが要求される。

W3C文書の修正物または派生物を生成する権利は、このライセンスに従って認められない。ただし、(著作権FAQにおいて文書化されている)追加の要求が満たされる場合、修正物または派生物を生成する権利は、その要求に応じる個人に対して、W3Cによって認められることがある。

免責条項

この文書(原規定)は,"そのまま"の状態で提供され、著作権保持者は、商業化、特定目的へ適合、権利の非侵害性又は所有権への保証を含む(しかしこれだけに限定しない)どのような表明も保証も、明示的・暗黙的を問わず行わない。 すなわち、この文書の内容が任意の目的に適していること、それらの内容の実装が任意の第三者の特許、著作権、商標またはその他の権利をも侵害しないことの、いかなる表明も保証も、明示的・暗黙的を問わず行わない。

著作権保持者は、文書の利用、またはその内容の実行もしくは実装から生じる、直接的、間接的、特定の、または結果としての、いかなる損害にも、責任を負わない。

著作権保持者の名前及び商標は、特定の書面化された事前の認可なしに、この文書もしくはその内容を宣伝すること、または宣伝に関連付けることに使用してはならない。この文書における著作権は、常に著作権保持者にある。

ノート

このバージョン:http://www.w3.org/Consortium/Legal/2002/copyright-documents-20021231

W3Cの通知とライセンスのこの記述は、2002年12月31日にアクティブになった。このバージョンは、W3Cが所有する以外のデータとともに使用できるような著作権の所有権表示を削除し、スタイルシート、DTDおよびスキーマの情報を著作権FAQに移動し、ERCIMが現在W3Cのホストであることを反映し、ライセンスのこの特定の日付のバージョンへの参照を含み、"使用"の曖昧な許可を削除する。この日付よりも前の方針に対する古い記述を参照のこと。翻訳や仕様を注釈するのような、当サイトからのデータの使用に関する一般的な質問に対しては著作権FAQを参照のこと。